『Omio』初回限定10€オフ

【オーストリア ワーホリ】住まい・家の探し方

5 min 119 views
なおき

なおき

「猫のように、おもむくままに、旅をする」をテーマに旅ブログ『ねこたび』を運営中。カフェと教会めぐりが大好き。オーストリアのウィーン在住。2020年の目標はバリスタになること。将来はコーヒーロースタリー目指して修行中。

FOLLOW

オーストリアワーホリに行く予定の皆さん、住む部屋は決まりましたか?

この記事では

オーストリアのウィーンで部屋を探したい

という方のために

  • ウィーンの賃貸検索サイト
  • オーストリアで賃貸物件を探す方法

を解説しています。

いま僕が住んでいるウィーンのアパートは、Facebookで見つけ自分でやり取りして契約まで漕ぎつけました。正直、自分で探すのけっこう大変でした…でもワーホリの第一歩なんだからと思ってなんとか乗り切りました。

この記事の前半では賃貸物件を検索するためのサイトを紹介し、後半はそれを使って部屋を探す手順を解説しています。

部屋探しを乗り切れば憧れのウィーン暮らしです!頑張りましょう!

ウィーンの賃貸物件検索サイト

まずはウィーンで賃貸物件を探すことのできるサイトを紹介していきます。

Facebook

賃貸物件を貸したい人と借りたい人がやり取りをするためのFacebookのグループです。

大家さんの投稿もありますが、多くは留学や海外研修で家を開ける期間に借りてくれる人を探すサブリースの募集。そのため募集期間は1年以下が多いです。

個人間のやり取りとなるため注意は必要ですが、手数料などがかからないため、ここで探す方がだいたいは安上がりになります。

グループへの加入を申請後、数時間で承認されます。

Willhaben

個人間で中古品や自動車、家などを売買するためのサイトです。

オーストリア版のebayといえばわかりやすいかもしれません。日本でいうと、メルカリとジモティーが合わさったような感じ。

Facebook同様、貸したい個人や業者が物件を掲載し、それに対して申込をします。

ウィーンの森の散歩道

ウィーンに住む日本人の情報交換用の掲示板です。

帰国者がこれまで住んでいた家の情報を投稿してくれたりするので、日本人が住んでいたという安心感のある物件が見つかりやすいです。物件数がそもそも少ないのが難点。

WG-gesucht

ルームシェア検索サイト。

ドイツのサイトですが、ウィーンでもそこそこ使われています。こちらも個人間でのやり取りになるので気を付けてください。

ユーロエステート

日本人向けの賃貸物件紹介エージェント。

利用したことがないので評判などはわかりませんが、日本語でやりとりできる上に日本人に慣れた大家さんの賃貸物件を紹介してくれるので安心感があると思います。

ただし、手数料が結構かかるので、お金に余裕がある人向けです。

Airbnb

大手民泊サイト。家が見つからなかった時の最後の手段です。

1週間または1ヶ月で長期割引があるので、中途半端な長さで宿泊するよりも初めから長期で予約した方が安上がりになります。

住所登録はさせてもらえないと思うので、一時的な滞在にはなりますね。

ウィーンで賃貸物件を探す手順

次にウィーンで賃貸物件を探す手順を説明していきます。

とは言っても僕も一度しか物件探しはしていないので、このやり方が王道かどうかはわからないです。参考程度に見てみてください。

Immobilien: 不動産
möbliert: 家具付き
unmöbliert: 家具なし
Miete: 賃貸または家賃
Kaltmiete: 家賃のみ
Warmmiete: 水光熱費込みの家賃
Neubau: 新築物件
Altbau: 築年数の長い物件(リノベ済も含む)
Zimmer: 部屋
WG: ルームシェア
Kaution: 敷金
Provision: 礼金

検索

まずは検索です。

土地勘が全くない状態だったので、とりあえず検索しまくりました。部屋の一般的な作りも日本とは違うので、相場感を掴むためにも色んな物件を漁って見てました。

FacebookやWG-gesuchtにあげられる個人のリスティングは早ければ1週間くらいで消えてしまうので、定期的に各サイトを巡回することをオススメします。

僕は駅近・2人入居可・家賃500~600ユーロで探してました。単身でルームシェアならもう少し家賃下げられると思います。

ウィーンは州と市を兼ねていて、ウィーンの中に1区から23区まであります。中心部が1区、その周りを時計回りに2~9区、その周りを10区~といった形で数字が小さい方が中心地に近くなります。

また、オーストリアの郵便番号は4桁で、ウィーンでは2・3番目の数字が区を表します。例えば1090なら9区になります。1130なら13区です。

ちなみに10区は治安が悪いというデータがあるそうですが、英語の掲示板などでもそれほど心配はないという書き込みが多かったです。ウィーンは世界の中では治安がかなりいい方です。

メッセージを送る

自分の希望に合う条件の部屋を見たらできる限りメッセージを送ってみましょう。僕が送ったメッセージは打率2割くらいでした。基本的に英語+日本人というだけで弾かれやすいです。ドイツ語でメッセージを送れたらだいぶマシかもしれませんね。

一通目のメッセージで候補者に入れるか決まるので、自分のことや、なぜメッセージを送ったのかを出来る限り詳しく書いた方がいいと思います。

契約まで至った時のメッセージを載せておくので参考にしてください。

一応ネットで調べたところ「滞在許可がある」「支払い能力がある」「綺麗好き」みたいなところが大事だそうです。

僕は家賃の値上げも含ませていますが、これはかなり良条件の物件だったからです。基本は入れない方がいいと思います。

Hello. Nice to meet you.
My name is xxxx xxxx. I and my girl friend are looking for an apartment in Vienna for the period from mid of Jan to mid of Jun. I found your post and It looks really nice. I want to ask you if it is possible to rent your room with 2 persons. If no, please just reply us “No”. Otherwise we are so happy if you consider to rent your wonderful rooms!
Some info about us: We are both Japanese, I’m 27 and she’s 24. We have “Working holiday visa” for Austria until End of Sep 2020. It means we have no problem to stay and to work in Austria. We are planning to study German and try to find jobs in Japanese restaurant or cafe. Even if we could not find any job, we have enough saving to stay more than 1 year.
We are responsible-minded, silent and cleanly persons. We love music, animals, cooking and baking.
Our earliest check-in date is 11th Jan, check-out date will be mid of June. Both are flexible.
I supposed xxx€ is for 1 person, so we are ready to discuss monthly rent in the view of utility costs.
If you have question or you need more information, please ask me with reply.
(If it doesn’t suit for 2 persons, please just reply “No”)
Thank you very much for your time.
Kind regards.
xxxx xxxx

内覧

返信がきたら日程を決めて内覧します。お互いの都合の良い日で大丈夫です。

僕はその時グラーツにいて内覧ができなかったので、ビデオチャットで家を見せてもらいました。内覧ほどではないですが、写真よりは部屋の実情がわかるのでやった方がいいと思います。

到着するまで待ってほしいというお願いは難しいと思います。その時の他の候補者次第。

ルームシェアの場合はルームメイトと会って話を聞いてみるのも大事かもしれませんね。

申込・契約

内覧で気に入れば申し込みです。他に候補者がいる場合は貸し主が誰に貸すかを決めます。

契約書は貸し主が作ってくると思います。文面はしっかりと読むこと。途中で退去する場合の条件などもしっかり確認します。

入居

契約をすれば家賃と敷金を振込み、鍵を受け取ります。

銀行振込をすることになるので、送金手段は持っておきましょう。Transferwiseがオススメです。

ユーロに両替するオススメの方法

これでウィーンの住まいが決まり、新生活のスタートですね。

ウィーンに引越したらやるべきことはこちらの記事でわかります。

住民登録の手続き【Meldezettel】

カテゴリー:
関連記事