『Omio』初回限定10€オフ

ねこたびカフェめぐり第二話「Miit Coffee」

1 min 81 views
なおき

なおき

「猫のように、おもむくままに、旅をする」をテーマに旅ブログ『ねこたび』を運営中。カフェと教会めぐりが大好き。オーストリアのウィーン在住。2020年の目標はバリスタになること。将来はコーヒーロースタリー目指して修行中。

FOLLOW

ラトビアが旧ソ連から脱退したのは1991年。もうすぐ30年が経とうとしています。ちょうど首都のリガを訪れた日は独立記念日。お祭りでしょうか。国旗カラーの赤と白の蝋燭がリガ城を煌々と照らしていました。

独立記念日のリガ城
赤と白の蝋燭

祖国がない。そんな想像もできないことが、この街では僕らの生まれる数年前まで現実だったんですね。

笑顔の子どもたち

同時期にソ連から独立したバルト三国と呼ばれるエストニア・ラトビア・リトアニア。日本からだと同じ文化圏に見えますが、実は民族も言葉も違います。

でもコーヒーはみんな浅煎り。北欧と似ています。

Miit Coffeeの看板

リガの中でいちばん美味しかったのはmiit coffee(ミートコーヒー)

Miit Coffee店内

店内は広々としていて居心地ばつぐん。

リガやタリンではハンドドリップを出すお店は珍しいので、それだけでコーヒーへの力の入れ具合がわかります。

Miit Coffeeコーヒー豆
Miit Coffeeドリップコーヒー

ドリップコーヒー。浅煎りらしいフルーティな香りが口と鼻いっぱいに広がります。ほんとにぶわぁー!ってきました。

ヨーロッパに来てコーヒー屋さんはたくさん行きましたが、浅煎りのドリップコーヒーではいちばん好きな味。

渋みが全くなくて、本当に美味しい浅煎りはこういうのだぞって気づかせてくれたコーヒー屋さん。リガにはなかなか行けないのが残念すぎる。

Miit Coffeeカフェラテ

彼女が頼んだラテ。ホットでもグラスで出てくるの面白い。と思ってたらヨーロッパではよくある普通のことでした。

Miit Coffeeケーキのショーケース

今回は食べなかったけど、ケーキもたくさん。

バルト三国の周遊旅行でコーヒーにスポットライトが当たることはあまりありません。

でもコーヒーフェスティバルが開催されるなど、コーヒー文化は着実に広がっているようです。

みんなの知らない美味しいコーヒー屋さん。ぜひ行ってみてはいかがですか?

次の話はこちら
→第三話 Kahvipaahtimo Lehmus(フィンランド)

前の話はこちら
←第一話 Jonas Reindl Coffee Roasters(オーストリア)

関連記事