『Omio』初回限定10€オフ

ワルシャワはショパンの心臓だけじゃない

1 min 86 views
アイキャッチ
なおき

なおき

「猫のように、おもむくままに、旅をする」をテーマに旅ブログ『ねこたび』を運営中。カフェと教会めぐりが大好き。オーストリアのウィーン在住。2020年の目標はバリスタになること。将来はコーヒーロースタリー目指して修行中。

FOLLOW

ねこたび教会めぐり第二話
ワルシャワ 聖アンナ教会

ポーランドは周辺諸国に比べると物価が安く、ヨーロッパでも後進のイメージがある。

ロシアに占領されたり、ナチスに占領されたり、常に戦争の中心に置かれてきた歴史を持つポーランド。

ワルシャワの街は、そんなことを微塵も感じさせないくらい綺麗だ。

街並み
おばあちゃん

ワルシャワ動物園前にあるプラスキ公園。おばあちゃん達の憩いのベンチ。

リス

動物園に行かずとも、リスに会えた。


ポーランドで最も有名な人物といえば、ショパン。

そのショパンの心臓が納められているの「聖十字架教会」は観光スポットとしても超有名。行ってみたけど、すごく良かった。

でも、定番のスポットじゃなくて、たまたま通りかかった景色が、心を震わせるほどに素晴らしいこともある。

聖アンネ教会

聖アンネ教会はまさにそんな場所。

浅い建築知識をひけらかすなら、ロココ調を思わせるピンクを基調とした教会内の装飾。

英語版ウィキペディアによれば、ロココではなく、その次の「ネオクラシック」なんだそうだ。

実はワルシャワで最も古い教会で、1454年に建てられたもの。その後何度か改築が行われたが、1788年に現在の姿になったとのこと。

内装

柔らかい色調の壁と、黒い背景の絵画のコントラストが目を惹く。

金の装飾
装飾

細かい装飾も見ていてハッとさせられる。

置き時計

時計一つとっても、写真に撮りたくなる佇まい。

パイプオルガン

パイプオルガンはとても煌びやか。コンサートが行われることもあるとか。

天井
内観2
ステンドグラス
ステンドグラス2

ステンドグラスの光はずっと見ていたくなる。

ガイドブックにはあまり載っていない教会らしく、こんな素晴らしい場所に「たまたま立ち寄れた」という事実が、この感動をさらに忘れられないものにしてくれた。

「旅ができる」ことに感謝。また行けるようになるといいな。

Kościół Akademicki św. Anny

ワルシャワ(ポーランド)
入場料:無料(教会脇の鐘塔は6PLN)
開館時間:情報なし(ミサの時間は公式HPに記載あり)
公式HP:https://swanna.waw.pl

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − six =