『Omio』初回限定10€オフ

Lux Expressのバスターミナル【バルト三国+ポーランド】

2 min 61 views
Luxexpressアイキャッチ
なおき

なおき

「猫のように、おもむくままに、旅をする」をテーマに旅ブログ『ねこたび』を運営中。カフェと教会めぐりが大好き。オーストリアのウィーン在住。2020年の目標はバリスタになること。将来はコーヒーロースタリー目指して修行中。

FOLLOW

Lux Expressバスは、どこのバス停を利用するのが便利なんだろう?バスターミナルへのアクセス方法が知りたい!

そんな疑問を解決できる記事になっています。

この記事では、各都市バスターミナルについて以下を解説しています。

  1. 名称
  2. 場所
  3. アクセス
  4. 観光スポットとの位置関係

この記事を読めば、Lux Expressを利用する際のバスターミナルを決められるだけでなく、ホテルや観光スポットとバスターミナル間の移動も簡単に把握できるはずです。

Lux Expressのバスターミナル

バルト三国首都のバスターミナルは1つだけで、それぞれ「○○ Coach Station」という英訳が用いられています。

ワルシャワはメインのバスターミナルは「Warsaw West(ワルシャワ西駅)」ですが、国際線では「Warsaw Central(ワルシャワ中央駅)」も利用できます。

タリン(エストニア)

Tallinn Coach Station (Tallinna Bussijaam)

タリン バスターミナル

アクセス:トラムの2番 /4番の「Bussijaam」から徒歩3分

観光のメインとなる旧市街からは少し離れていて、徒歩で30〜40分程度です。旧市街からトラムで片道1€。

バスターミナル内にはキオスクもあり便利です。トイレは有料。

リガ(ラトビア)

Riga Coach Station (Riga Autoosta)

リガ バスターミナル

アクセス:トラム「Prāgas iela」から徒歩1分。1 / 3 / 7 / 9番線が使えます。

リガの観光スポットは旧市街とユーゲンシュティール建築群ですが、バスターミナルは旧市街の方に近く、旧市街でも北側のリガ城でも徒歩20分ほど。ホテルを旧市街の南側にして、徒歩でバスターミナルから向かうのが便利です。

キオスクやカフェが中にあります。トイレは有料です。

ヴィリニュス(リトアニア)

Vilnius Coach Station (Vilniaus autobusų stotis)

ヴィリニュス バスターミナル

アクセス:バス停「Stotis」から徒歩1分

ヴィリニュス駅の向かいにあります。旧市街とは徒歩で20〜30分と離れていて、旧市街に向けてゆるやかな登り坂なので、バスの利用の方が便利。

スーパーが隣接していて便利です。トイレは有料。徒歩3分で24時間営業のマクドナルドがあるので、ワルシャワ行きの夜行バスはここで時間を潰せます。

ワルシャワ(ポーランド)

ワルシャワはバスの発着場所が2ヶ所あります。

バスターミナルはワルシャワ西駅ですが、国際線ではワルシャワ中央駅もよく使われています。

ワルシャワ中央駅

Warsaw, Central station 04 (Dworzec Centralny, Warszawa)

ワルシャワ中央駅

アクセス:バス・トラム「Dw. centralny ◯」(○には数字が入ります)

ワルシャワ市内にはこちらの方が近いです。ただ、それでも聖十字架教会まで徒歩30分、ワルシャワ王宮まで40分と少し距離があります。

ワルシャワ中央駅の名の通り、トラム・バス・電車どれも接続します。Dworzecがポーランド語で「駅」になります。

電車の中央駅の周囲の道路にバス停やトラムの駅が並んでいて、バスターミナルのようにわかりやすくはありません。自分のバスの発車場所をしっかり把握しておかないと乗り遅れかねませんので、ワルシャワ西駅発のバスにするのも手です。

ワルシャワ西駅

Warsaw, Zachodnia (Warszawa Zachodnia)

ワルシャワ西駅

アクセス:バス停「Dworzec Zachodni 02」徒歩1分

ワルシャワ中央駅からさらに3km西になります。市内とのアクセスはバスかタクシーになるでしょう。バスのアクセスは良いですが、ワルシャワのバスは時間帯によっては案外混みますので、荷物の多い人は気をつけてください。

中にキオスクなどあります。トイレは有料。

Lux Expressの予約方法

これからLux Expressのバスを予約するなら、10%オフになる予約方法をまとめた下の記事がオススメです。ぜひ見てみてください。

関連記事