『Omio』初回限定10€オフ

ワーホリの資金を集めるオススメの方法【7ヶ月で150万円】

5 min 204 views
なおき

なおき

「猫のように、おもむくままに、旅をする」をテーマに旅ブログ『ねこたび』を運営中。カフェと教会めぐりが大好き。オーストリアのウィーン在住。2020年の目標はバリスタになること。将来はコーヒーロースタリー目指して修行中。

FOLLOW

ワーホリに必要な資金は最低50万円、100万円あれば安心だと言われてますね。

https://nekotabi.life/wp-content/uploads/2020/04/0F3776A2-7B51-4B55-AE21-E28D528B3550.png

100万円も貯金するなんて無理…

そう思うのも無理はないです。でも、顔をあげてください。

僕は4ヶ所のバイト先であしかけ7ヶ月働いて、150万円貯金することができました。

僕が実際にやったバイトと給料は以下のとおり。

  • スキー場バイト 30万/1.3カ月
  • 温泉旅館バイト 65万/2.3月
  • 梅の収穫バイト 55万/2月
  • 山小屋バイト 30万/1.4月

稼いだ金額は180万円ですが、生活費などを引いて貯金できたのは150万円でした。

もちろん運良く好条件のバイトを見つけたってのもありますが、僕がやった方法は皆さんでも実行可能なものです。

そんなに稼ぐバイトってしんどいんじゃないの?と思われるかもしれません。残念ながら、仕事だし楽ではないです。ハズレを引けばブラックなとこもあります。

でも、さすがに給料は払われるので安心してください。どんなにしんどくても、お金は貯まります。そうすれば、ワーホリに行けるんです。

この記事では、ワーホリ資金の集め方をリゾバからクラウドファンディングまで、思いつく限り網羅しています。

その中には僕が経験していないものもあります。それらには稼げる根拠がないんですが、リゾバは無理だって人にもワーホリを諦めて欲しくないので、一緒に掲載することにしました。

自分にピッタリなお金の集め方を見つけて、必ずや憧れのワーホリを実現しましょう。

お金を集める方法

ここで大事なことを言います。

効率よく資金を貯めるには

たくさん稼ぐ と同時に支出を減らす ことが大事です。

大事なことなので2回言います。

効率よく資金を貯めるには

たくさん稼ぐ と同時に支出を減らす ことが大事です。

生活する中で必ずかかるお金は家賃と食費。このお金を何とかして減らすことが資金集めの効率をあげて、ワーホリまでの期間を縮めることにつながります。

なので、一人暮らししながらお金を貯めるのはかなり厳しいです。副業をしてもなかなか貯まりません。ワーホリをするという目標があるのなら、思い切って生活環境を変える勇気を持ってみましょう。

住み込みバイト

一番効果的な方法は住み込みで働くこと。家賃と食事を支給してもらえれば生活にお金がかからないので、稼いだお金をどんどん貯金に回すことができます。

リゾートバイト(おすすめ)

最も万人にオススメできる方法がこれ。ワーホリ経験者や旅をしている人はほとんどやったことがあるはず。

リゾバは大学生のイメージがありますが、各地で転々と働きたいという社会人や、海外に行くために資金を貯めているといった目標を持った人がたくさんいます。

リゾバのメリット
  • 仕事を見つけやすい
  • 寮つき・食事支給
  • 温泉やスキー場などの福利厚生が充実
  • 田舎は遊ぶ場所がないのでお金が勝手に貯まる

デメリット:ハズレな職場が稀にある

リゾートバイトは派遣会社を通して探すことが一般的かつオススメ。いかにハズレを減らし、お金が稼げる良いバイト先を見つけるかは以下の記事で解説していますのでぜひ見てみてください。

山小屋(おすすめ)

自然が好きで登山も苦じゃないよって方にはオススメです。山に集まる人には悪い人がいません。山小屋も自然好きや旅好きが集まりやすく、趣味が合う友だちができやすいでしょう。

山小屋のメリット
  • 山小屋で生活するので生活費ゼロ
  • 自然の中でバイトできる
  • 山の中=店がないので、お金が勝手に貯まる
  • 暇でも給料貰える

デメリット:忙しい山小屋はヤバい

山小屋のバイトはインクノットというサイトが最もメジャーです。必ずバイトを決める前に何度か登山してみてくださいね。

季節労働

季節で繁忙期の違う一次産業系のバイトです。僕がやった梅の収穫バイトもコレ。

一番有名なのはサトウキビ製糖工場です。聞いた話ですが、1日12時間労働かつ休みなしで、3ヶ月で100万円貯めるのも可能とのこと。その人は「全員目が死んでた」って言ってましたけど。

リゾートバイトと違って肉体労働なので接客業のストレスはありませんが、雇い主が農家の人なので、田舎の人間特有のしんどさを感じるかもしれません。逆にそれが良いって人もいるかもしれませんね。働いている人は自由人が多く、もし行くことができたら面白い人脈ができるでしょう。

難点はサトウキビ以外は一般に募集されていないために、コネでしかバイト先を見つけられないこと。旅人の中には経験者が多いので、タイのゲストハウスなんかで出会った人に聞いてみるのもありでしょう。

季節労働の例
  • サトウキビの収穫
  • 製糖工場
  • 梅の収穫・梅干し加工
  • ミカンの収穫
  • いくら洗い
  • 利尻昆布の収穫

季節労働はまだ全国的に一般的でなく、時給の相場が定まっていません。上記の例に挙げたものは寮つき食事なしで1100~1200円前後が相場。もし見つけても時給1000円を下回る季節労働は割に合わないのでやめた方が無難です。

実家暮らし

生活費を減らす次の作戦は、実家で暮らしながらお金を貯めること。今の生活をなるべく維持しながらワーホリの準備をしたいという人にオススメです。

ただ、個人的には海外に飛び出したいと思うような人にとって実家って窮屈すぎるような気もするので、参考程度に。

正社員(おすすめ)

実家暮らし x 正社員の最強コンボ。できる人は限られますが、一番ストレスを抱えることなくお金を貯めることができるんじゃないでしょうか。

難点としては似た夢を持つ仲間に出会いにくく、モチベーションを保つのが難しいこと。住む場所によっては誘惑が多すぎてお金を貯めれない可能性も。

お金を貯めるのが苦手だと自覚がある人は、住み込みバイトで強制的にお金が貯まる環境に身を置いた方がいいかもしれません。

副業で稼ぐ

普通に働きながら副業で稼ぐ方法。あんまりオススメできないです。

なんでかというと、副業って細く長くやる方が成果が出やすいので、ワーホリ前にがっつり稼ぎたいといった使い方には向いてないんですね。

が、一応お金になりそうなヤツをあげておきます。

治験

薬や治療法の実験に参加する治験。安全性は確立されてるので、そこは安心できます。お金が稼げるかは案件によるので、興味があれば登録してみてもいいかもしれません。どちらかという都会限定ですね。

治験モニター募集

フリーランス

プログラミングやライティングスキルがあるならフリーランスとして、あるいは音楽やヨガなどの一芸があればオンラインレッスンなどでお金を稼ぐことも可能。がんばって日本にいる間に収入として成り立てば、ワーホリ中もオンラインで続けることができるってメリットもあります。

ココナラ

ブログ

ワーホリや世界一周に行く人が考える副業のひとつだと思います。今は数が多すぎてなかなか稼ぐことが難しい。人とは違う視点を持った人や、文才のある人じゃないとなかなか収入に仕上げることは難しいんじゃないかなと思います。気軽にはできませんし、努力と時間が必要です。

ひとつ知っておいていいのは、自分がアフィリエイトサービスを利用してキャッシュバックを得られるセルフバックという制度。有名なホテル予約サイトのBooking.comやExpediaもセルフバックで3~4%キャッシュバックできるので、登録だけでもしてみるのはかなりアリ。

a8.netというサイトなら、登録と同時に自分のブログを無料で持つことができるので、簡単にセルフバックを利用できます。

A8.net

【番外編】オーストラリアワーホリで稼ぐ

オーストラリア以外の国にワーホリに行く人にはけっこうアリかもしれない作戦。もちろん元手は必要っていう前提ですが、オーストラリアのファームジョブは時給も2000円近くと高いため、一気にお金を稼ぐことができるんですよね。世界一周旅行の資金をオーストラリアで貯めた人もけっこういます。

英語の練習にもなるし、度胸もつくし、思いついたときは、すごくいいアイデアだと思いました。でも、先に別の国にワーホリしちゃうと、なんだか夢から遠ざかってしまっている気がして、結局僕はやめました。

一番おすすめの資金集めは?

ここまで、ワーホリに行くための資金を集める方法を見てきました。

その中でも一番オススメの方法はやっぱりリゾートバイトです。なぜかというと、

リゾバのメリット
  • 仕事を見つけやすい
  • 寮つき・食事支給
  • 温泉やスキー場などの福利厚生が充実
  • 田舎は遊ぶ場所がないのでお金が勝手に貯まる

というメリットがあるから。実際、僕がやった中で一番稼げたのは温泉旅館でのリゾートバイトでした。3月からゴールデンウィークまでの2ヶ月半で65万円稼げたことで、一気にワーホリが近づきましたね。

ただそこは人が足りてなくて超激務。だから稼げたってのもあるんですが、やりたかったワーホリに向けた語学勉強なんかは全く進まず。

逆にちょうど良く稼げたのはスキー場バイト。きっちり週休2日で、リフト券支給、スノボレンタル無料だったので休みの日は滑りまくって大満足。

とにかくいっぱい稼ぎたい自分の時間も大事にしながらお金を貯めたいか。そういうのも派遣会社に相談すれば親身になって相談にのってくれますし、ちゃんと希望通りのところをできる限り紹介してくれます。

ただ、派遣会社は30社以上ある中で、時給も含めて違いが大きいのも事実。どこの派遣会社がいいのか悩んじゃいますよね。

次の記事では、おすすめのリゾートバイトや派遣会社の選び方をじっくりと解説しています。ぜひ読んでみて、リゾバ選びの参考にしてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three − 2 =